推定相続人の排除とは

推定相続人とは、将来相続が開始 した場合に相続人となるはずの者を指し、通常、子と配偶者が該当しますが、 相続欠格や相続排除により相続人としての資格を失うことがあります。
民法892条の事由に該当すると、裁判など関係なしに、相続人の資格を剥奪されますので、相続の欠格(民法891条)、排除になった者(民法892条)は、相続人ではなくなるので、遺留分(最低限の相続分)も失うことになります。
つまり、①被相続人、自分より先順位の相続人、自分と同順位の相続人に対して、殺人または殺人未遂をして刑罰を受けた時)、②被相続人が殺されたことを知っていながら、その犯人を告訴(告発)しなかった時、③詐欺や強迫により、被相続人が遺言・遺言の撤回・遺言の取消し・遺言の変更をすることを妨害した時、④詐欺や強迫により、被相続人に遺言・遺言の撤回・遺言の取消し・遺言の変更をさせた時、⑤被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿した時は、相続人としての資格を失います。
もし、このような者達が、相続をしてしまった場合は、他の相続人は相続回復請求権を行使することになります。
しかし、欠格事由により相続ができない場合でも、その者の子や孫が相続放棄をしない限り、代襲相続できる権利を持ちます。

コメントは受け付けていません。