相続できる親族の範囲 

相続できる親族の範囲は、民法887条(子及びその代襲者等の相続権)・民法889条(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)・民法890条(配偶者の相続権)に規定されています。
被相続人の子は、相続人となります。
被相続人の子が、相続開始前(被相続人が死亡する前)に死亡したとき、相続人の欠格・推定相続人の廃除・遺言による推定相続人の廃除により相続権を失ったときは、被相続人の子の子(孫)が代わりに相続人となります。ただし、代わりに相続人となる者が、被相続人の直系卑属(祖父と孫の関係)でない場合(養子の子)は、相続人となれません。
代わりに相続人となる者が、相続開始前に死亡したり、相続人の欠格・推定相続人の廃除・遺言による推定相続人の廃除により相続権を失ったときは、被相続人の子の子(孫)が代わりに相続人となります。ただし、代わりに相続人となる者が、被相続人の直系卑属(祖父と孫の関係)でない場合(養子の子)は、相続人となれません。
子や孫などがいなかったり、相続権を取り上げられている場合は、被相続人の直系尊属が相続します。
直系尊属もいない時は、被相続人の兄弟姉妹が相続をします。この場合、被相続人の兄弟姉妹が相続開始前に死亡していたり、相続権を取り上げられている場合は、その者の子が代襲相続人となります。
甥や姪も死亡していたり、相続権が取り上げられていたりした場合は、これ以上代襲相続することはできません。つまり、甥や姪の子には代襲相続権は発生しません。

コメントは受け付けていません。