相続が始まるのはいつなのか

パソコン03 パソコン04
「相続」は現代において良く使用される言葉ではあるものの、その細かな制度については中々知らないという人が少なくありません。
特に問題になるのが「いつ始まるものなのか」ということなのですが、これについては民法の第882条において規定がされています。
その規定は「死亡によって開始する」という一文で記されていますから、財産を持つ人が無くなったというのであれば、すぐにそれが開始されるということになるのです。
この開始には「手続きが必要」というようなことはありませんし「全員が知ることが必要」というようなことはありません。
あくまでも財産の移転などは「死亡」が確認された段階で開始されることとなるのです。
またより細かく見ていくと、法律で使用される「死亡」という言葉は「戸籍簿に記載された年月日時分をもって確定される」というようになっていますから、戸籍簿への記録に使用する医師が作成する死亡診断書に記載された時刻が「死亡時刻」ということになります。
特殊なケースとしては「認定死亡」や「失踪宣告」などがあり、どちらの場合も死亡しているかどうかということに関する証拠はなく、あくまでも「死亡の恐れが高い」という見方でしかありません。
しかしながらこの場合であっても法律上は「死亡」という扱いがされることとなりますから、やはり財産の移転が発生します。
闘病の末に亡くなった場合や、自宅で息を引き取ったというような際には問題はありませんが、もしこうした特殊な事例に当てはまる場合には、念のために弁護士などに相談をすることを考えてみても良いでしょう。